塾長から

ホーム » 塾長から

塾長から

ここ西船橋に琢啓塾を開設してから、早いもので19年が経ちました。
有り難いことに、卒業生のご子息が、琢啓塾を思い出し、頼ってきて下さいました。
時の流れってすごいですね!
一人一人の塾生さん達と向き合うことの大切さを、ますます感じます。


数年前、当塾の卒業生で、アメリカのディズニーランド本社の入試試験に合格した女性がいます。


連絡を受け、フロリダに研修に行く前に会って、塾生だった頃の話や、大学在学中にアメリカ留学した時のこと、ディズニーとの面接試験の話など、いろいろな話題で話がはずみました。

ディズニーで仕事ができたら、というのが彼女の小さい頃からの夢で、
それがかなって、とても感慨深げでした。
私は彼女が中学一年生の時から教えていましたので、心から嬉しく思いました。

考えてみますと、たくさんの塾生が大学を卒業して、社会に巣立っていきました。

医者になった人、看護師になった人もいます。

銀行に勤めている人もいますし、ユニクロで活躍している人もいます。

はたまた、豪華客船「飛鳥」のパーサーになって、一年中世界を巡っている人もいます。

つい最近も、塾生だった女性が、さる上場企業に内定が決まったと、報告しに来てくれました。

その企業の社風が自分の性分に合っていて、楽しく仕事ができそうです、といかにも嬉しそうに話してくれました。

そして、彼女が忙しい中わざわざ、塾に報告しに来てくれた理由を
「ここ(琢啓塾)が私の原点だから」と言ってくれたのです。

その言葉を聞いて、もちろんこの上ない喜びを感じたわけですが、それと同時に月並みな表現ですが、あらためて身の引き締まる思いがしました。

私たちの仕事は、それぞれの志望大学に向けての全力のサポートです。

そしてそれは、かけがえのない人達の、かけがえのない人生の大切な時期に関わってるということなのです。

琢啓塾では、若い塾生の大切な夢を、高校受験、大学受験を通してサポートし、育んでいきます。

そのために、私たち自身も広く学び、研究を続けていきたいと思います。



ページトップに戻る